静けさの中でも咀嚼音を出さない神業

おお。随分良いもん食ってるな!て突っ込まれそうです

画像は昨日のお昼にご飯です。お世話になっているクライアントさんのところに打ち合わせにお邪魔して、ランチご馳走になってきたので、いつもの2.5倍リッチなご飯です。

サゴチのなんとかうんとか。サゴチってサワラのちょい大きいだから小さいだからしく、白身の美味しいお魚でした。

○岡さん、いつもありがとうございます😊

消費税増税やら、法改正のお勉強してきました

午前中は、打ち合わせで濃厚な時間を過ごし、午後は帰宅途中で保育園からウチのちびっ子を回収して自宅で作業。

また夕方近所にある実家に息子を預けて、たまには飲んでばっかいないで実になる勉強をすべく研修に参加してきました。

研修内容は、本当に勉強になりました。
歳を増すごとにウッカリと、天然とおばちゃん具合がエスカレートして、「大丈夫!?ちゃんとして!」と突っ込まれることが増えましたが、基本的に私は勤勉なんですよ。
今後の仕事でも多方面で役立つ情報を得られたので、こういう機会は大事にしようと思ったわけです。

ということで、実はここからが本題なんですけど。昨日の研修時に夕方まで仕事をしてそのまま参加するのを想定して、お弁当が 配布されたんですね!(実にありがたい)

でもねー、私。

静かなところでご飯食べてる咀嚼音気になって仕方ないタイプ

わかります?
静かなところは好きです。

でも、そこでみんな大人しく礼儀正しくご飯食べると食べてる音気になって、気が気じゃないのー。

他人が。てよりもうむしろ自分の咀嚼音の方です。
(あたし、ちゃんと口閉じて食べてるよ!でもうるさい?ねぇ、うるさいよね?)と心の中で思ってしまうのです。


おや!?無音で食べてる!!神

そんなこんなで、ビクビクお弁当いただいてました。小心者なので。

しかし、横に遅れてきた参加者の男性が。
研修の第1部の途中でいらっしゃったのですが、10分の休憩時間になるとおもむろにお弁当箱を開けて夕食をとってらっしゃったのですが。


ねぇ!


音がしてない!そして、食べるの早!
思わず、
「食べるの早くないですか!?」
と突っ込んでしまいました。

「うん!そう?お腹空いてたんだー。」

と微笑んでくれました。

「このお弁当ご飯のところたくさんあるからお腹いっぱいなっちゃうよねー!」

なんでしょう。このキュートさ。
見た目がイカツイおじ様達が集まる研修会でしたが、心が癒された瞬間でした。

無音で食べるにはある程度のスピードが必要

そして私は気がついたんです。

他人に迷惑をかけないように無音で食事をとるならある程度スピードが必要だということに!恐る恐る音を出来るだけ抑えることばかりを気にしていた私のなんと浅はかなことよ。

というわけで!充実した1日を送ったというお話でした。